カテゴリー
未分類

美容室店舗の内装は自分でできる?探し方も!

美容室を始めるにあたって、やるべきことのひとつに「店舗の内装をととのを始めるにあたって、やるべきことのひとつに、店舗の内装を施工しなければなりません。

施工費を抑えるために自分でできるのか?また、良い内装業者の探し方もまとめました。

美容室の内装ですべきこと

美容室の内装を施工するにあたって必要な工事は主に6つです。

  • セット面
  • シャンプー台
  • レジカウンター等インテリア
  • 天井

セルフDIYで出来る部分とそうでない分とありますね。

DIYで可能な部分

美容室の内装の工事の中で、自分で(DIY)施工可能なのは、

セット面・レジカウンター等インテリア・壁ではないでしょうか。

セット面は既製品も販売されていますので、自分で取り付けることが可能です。

また、レジカウンター等のインテリアも簡単なものなら自分で作ることが出来ますね。

壁についても、最近ではおしゃれな壁紙がホームセンターで売られていますので、素人でも施工できます。

逆に、DIY出来ないのは天井や床ですね。

DIYで不可能な部分

床の材質はテナントによって様々です。

美容室を開業するにあたって、床の材質は特別です。カットした髪の毛を掃除する際、引っかかるような材質ですとNGですし、床のリフォームとなるとプロの手が必要になります。

また、天井についても、テナントの状況によって違いますので、例えば「天井のない、インダストリアル系にしたい。」となると、プロに任せないといけません。

美容室の内装費用を安く抑えるには?

美容室の内装工事にかかる費用は、坪単価20万~40万円と言われています。

たった10坪の小さめの美容室でも200~400万円かかるということになります。

出来るだけ費用を安く抑えるには、やはり全項目でもお伝えしたように、セルフで出来る部分は積極的にDIYするのが、内装費用を抑えることが出来ます。

プロに頼む部分についても、出来るだけ安くていい材質の床を使用したり、

シャンプー台もコスパの良いものを選ぶべきです。

美容室の内装工事業者の探し方は?

せっかくなら良い内装業者を選び、満足のいくお店にしたいですよね。

良い内装業者を探すには、

  • 口コミ
  • 知り合いの紹介
  • SNS

などがあります。

知人の紹介や口コミで良い業者ですと安心して任せられます。

また、内装業者や設計事務所・工務店などのSNS(ツイッターやインスタグラム)でアップしている画像の中で、自分の好きなテイストの施工をしている業者ですと、自分のイメージと完成イメージを共有しやすいですね。

その他にもインターネットで内装業社を比較できるサイト等もあります。

まずは知り合いやSNS等をチェックしつつ、インターネットで比較してみてはいかがでしょうか。

さいごに

今回は、美容室の内装工事が自分で出来るのか?また内装業者の探し方をまとめました。

自分で出来る部分とそうでない部分を分け、自分で出来ない部分はプロにお任せしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です